自費出版図書館 - 自分史.com
自費出版図書館.com

自費出版図書館

自伝、自叙伝とは成功した個人の生涯を事業・事績を中心にまとめたもので、社会にとって記録の一つであり、読み手にとっては物語として、または〝人生の参考〟として価値を持ちます。
一方、「自分史」といわれるものは平凡に暮らしてきた人間が自身の生涯あるいは半生の出来事を綴ったもので、社会的には生活文化や世相を伝えるものとして、特に戦災や震災など大きな出来事があった時代のものは記録および教訓といった意味を持ちます。
それでは読み手、書き手である本人にとってはどのような意味と価値があるのでしょうか。
読み手といえば、家族や親戚、知人などで〝思い〟を共有することが一般的でしたが、最近では人事採用で学生に自分史の提出を求めたり、web上で共有して仲間づくりを行うなど、読み手やその目的が多用化しています。

各種の年表を共有するSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)や家系図づくりをアドバイスするサイトがあります。自費出版図書館
そのどれもに共通しているのが前述の個人情報に社会情報をリンクさせられる点です。例えば、時事ニュースや流行歌、物価、テレビ番組、ヒット商品などです。これまでの人生を時代と結びつけることで、記憶を甦らせたり、自分史に奥行を与えることができます。
もちろん、もっと手軽に自分史年表のテンプレートを利用したり、ノウハウ本を参考にする、カルチャーセンターの講座に参加する、自費出版業者のサポートを受ける、といった方法もあります。

ネットワーク 日本文学館 文芸社 法学関係社 画像サイズ アートダイジェスト 電子書籍 小学館 大賞 新潮社 比較 仕組み ベストセラー KINDLE 費用 写真集 本の贈呈 山越 有斐閣の仕方 名古屋市 本屋 岩波書店 費用自費 おすすめ出版社 資料 絵本 図書館 申公豹 アマゾン キンドル