生きた証としての自分史 - 自分史.com
生きた証としての自分史.com

生きた証としての自分史

文章の工夫について
1)正確でわかりやすい文章にするために一つの文章を短くします。
2)友人・隣人・知人などを登場させて変化をつけ、短調にならないようにします。「 」を使った直接話法を採り入れるのも手です。
3)漠然とした記憶では読み手の興味を欠き、記録としての価値も損なわれます。できるだけ固有名詞や数字を入れた具体的な記述を心がけましょう。
自分史の書き方を詳しく知る手段としては行政が催す講座、カルチャースクール、関連サイト、HOWTO本、自費出版業者によるサポートなどがあります。生きた証としての自分史

協力出版を行うときの大まかな手順
1.本の内容とボリューム、目的、体裁、部数、予算を書き出し「企画」をまとめる。
2.出版業者を選び、「企画」について打ち合わせを行う。
3.提案される「企画」を具体化した「見積もり」と「契約」を検討する。
4.契約後は出版業者の指示に合わせて入稿し、著者校正(最終校正)をする。なお、最近注目を浴びているブランディング出版(企業出版)も一つの形でしょう。
企業がクライアントとなり、出版社がそのPRを目的とした本をだすというものです。
この場合、企業が求めるのは会社の知名度や信頼性を上げることで、商品の販促や人材採用、資金の調達につなげることです。

創刊に贈る言葉 タイトル 自分史 就活 タイトルのつけ方 無料ソフト 年表 エクセル 年表 中学生 新聞 写真記事 著作権 エクセル 書き方 作成ソフト 文学賞 生きた証 作成 2013 北九州市文学賞 作成キット 制作 許可無く写真使用 天皇陛下 写真 ベスト35 作成 書き方 例 自歴書 募集 アプリ